乾燥肌向けの化粧品を使用しましょう|トラブル無しの美肌

beauty

女性に人気のものとは

スキンケア

効果がある使い方など

春先は花粉やほこりなどでお肌にも悪い影響を与えがちな季節です。冬場から温度の差やエアコンなどの影響で乾燥肌や敏感肌を酷くする原因とされています。乾燥肌は元々は元気な肌だったものが、メークの重ね塗りや過度のクレンジングなどで、必要な皮脂までこすり取ってしまうなどを繰り返し、また年齢を重ね同じようなことの繰り返すと発症することが多いとされています。乾燥肌をケアするには保湿化粧品や皮脂を補給する化粧品などを積極的に使って、ケアするとカサカサしたりするのがなくなっていきます。皮脂は悪者にされがちですが、上手に補給してあげると乾燥肌の方には味方になってくれる化粧品です。保湿にもセラミドやヒアルロン酸などを取り入れてみるのも良いでしょう。自然派ですとヨクイニンなども数滴基礎化粧品に混ぜるとしっとりします。

特に気を付けることなど

乾燥肌が悪化するとアトピー性皮膚炎などに移行していく可能性もあります。どんなに弱い化粧品を使っても炎症を起こしたり、カサカサと粉をふいたりメークもままならなくなっては大変です。メークもクレンジング剤を厳選して必要な皮脂や肌成分を取りすぎないように心がけましょう。また気を配っていても一度乾燥肌になってしまうと治りにくいものです。皮膚科などには乾燥肌や敏感肌など、専門の化粧品も置いていますので相談されると良いかもしれません。最近では皮膚科などの病院でしか買えなかった乾燥肌用の化粧品が、ドラッグストアや薬局でも売っていたりするので、酷くなる前に専門の化粧品に切り替えて事前に対処することも必要だと思われます。